ピーチのサービス紹介

シンプルなサービスで快適な空の旅

LCCの代表格ともいえるピーチは、低価格で空の旅ができる魅力ある航空会社です。

大手航空会社と異なり、無料で受けることのできるサービスと有料となっているサービスがあります。

無料で提供されるサービスとしてあげられるのが機内持ち込み手荷物です。

10キロまでの手荷物で、規定内の大きさのものは目的地まで無料で運ぶことができます。

機内持ち込み手荷物は縦、横、高さが決まっており、規定外のものは受託手荷物となり有料となってしまうため注意が必要です。

また、低価格で販売されているとはいえ、機内では客室乗務員が丁寧な接客と明るい笑顔でもてなしてくれます。

シンプルなサービスではあるものの、快適に空の旅を楽しむことができるのです。

必要に応じて追加できるサービス

追加料金を支払うことで受けられるサービスは多岐にわたり、自分に合った空の旅にアレンジすることができる魅力があります。

まず最初に座席指定があります。

窓側で風景を楽しみたいといった希望や前から速やかに降りたいといった希望がある場合は追加料金を支払うことで可能となります。

次に機内の最大の楽しみともいえる機内食も有料となっています。

しかし搭乗前に食事を済ませてくる方や目的地で食事を楽しみたい方などは不要となってくるため、必要に応じてサービスを受けることができるのです。

また、機内でエンターテイメントを楽しみたい場合も追加料金が必要となっています。

機内で映画や音楽を楽しみたい方もいれば、睡眠をとり休息をとりたい方もいることでしょう。

ピーチはニーズに合わせたサービスを提供してくれることが特徴となっています。

ピーチ航空の飛行機予約サイト

http://japanflight.tripstar.co.jp/lcc/apj/

成田空港での搭乗方法

第三ターミナルに移動する

ピーチ航空の飛行機に成田空港で搭乗する際には、LCC専用の第三ターミナルに移動する必要があります。

多くの交通機関は第二ターミナルに到着しますので、そこから徒歩やバスで移動する必要があります。

それほど遠いわけではないのですが、重い荷物を持って移動することになりますので、出来る限り時間に余裕を持って行動した方が良いでしょう。

健脚の方が急いだとして、最低でも10分前後はかかります。

第三ターミナルへ向かう道のりというのは、非常に分かりやすく図解されていますし、そこだけ道の素材が異なりますので、迷うことなく辿り着くことが出来ます。

途中にベンチや自動販売機などもありますので、時間に余裕がある場合には、ゆっくりと歩いて行くことをおすすめします。

搭乗は機械で行うことが出来る

続いて、ピーチ航空の搭乗手続きをするためには、対人のカウンターで手続きするという方法もありますし、機械で手続きをすることも可能です。

LCCのチェックイン時間というのは短いので、機械を使うことによって効率化することが出来るのです。

ピーチ航空の航空券を購入した時点で、メールに搭乗の際に使うことが出来る番号が送られてきますので、それを入力するだけで良いのです。

あっという間に済ませることが出来ますので、非常に便利だと言って良いでしょう。

ただし、手荷物を預けることが決まっている場合には、必ずカウンターに行くことが必要です。

そこで荷物の大きさや重さを測り、料金を決めるのです。

ただし、最初から荷物を預けることが出来るプランに申し込んでいる場合には、無料で預けることが可能です。

自動チェックイン機とは

旅のワクワクを支える

出発前に見る飛行機はこれからの旅立ちの高揚感に拍車をかけます。

これからあの飛行機に乗って、空を飛び、違う場所へと旅立つ・・・ピーチ空港のポップでかわいい機体を見れば、さらに旅立ち気分を盛り上げてくれるでしょう。

旅は行った先で起こる新たな発見や遭遇だけではなく、家を出たときの楽しい気分や緊張を含めて始まるものです。

大きな荷物を持って、様々な人が行き交う広い空港。

そんな非日常的で慣れない空港で、出発から疲れてしまい、飛行機を目にした時のワクワク気分を台無しにしないためにも、煩わしい手続きはできるだけシンプルに、分かりやすく行いたいものです。

旅人のそんな気持ちを支えるように、自動チェックイン機の利用が最近では増えています。

自動チェックイン機の快適さ

ピーチ航空でも自動チェックイン機を導入しています。

チェックインカウンターを通過しないで済むため、出発前に長蛇の列に並ぶ必要がなく、出発前の余計なストレスが少なく、快適です。

利用には、事前にオンラインにて、チケット予約、座席指定、受託手荷物、購入を行うことができ、自宅で落ち着いてチケット購入ができます。

その際、登録したメールアドレスに送られてきた予約確認書を印刷しておきましょう。

印刷することが難しい場合は、予約番号を控えておけば、それを使ってチェックインすることが可能です。

登録するメールアドレスを携帯やタブレットで確認できるアドレスにしておくと便利かも知れません。

メールで確認することができるため、チケットの紛失や盗難を防ぐこともでき、大きな荷物をひっくり返してチケットを探す手間もありません。

飛行機に乗り遅れないために注意したいこと

出発時間を確認することが最も大切

旅行においてよくあるのが交通機関の乗り損ねです。

特に飛行機の乗り損ねに関しては、大幅な日程変更や慣れない環境でしばらく過さなければならないことなどがあり非常に厄介です。

それでは飛行機に乗り損ねないようにするためには一体どうすればよいのでしょうか。

非常に基本的なことですが、対策としては飛行機の出発時間を確認することが極めて重要です。

出発時間から逆算して行動の計画を立てるようにしましょう。

またチケットの確認だけでなく、航空会社のホームページの確認やコールセンターの利用など、ちょっとした工夫をするだけで乗り損ねを避けることが出来ます。

出発時間を守っていたとしても急にスケジュールが変更になることもあるので注意しましょう。

乗り損ねてしまう原因

基本的にはチケットに記載されている時間を守れば乗り損ねることはありませんが、時間を守って行動していても乗り損ねが発生することがあります。

その原因として大きく3つ挙げることが出来ます。

1つ目は交通渋滞です。

出発時間から逆算して行動する際は交通渋滞の時間を忘れてはなりません。

交通渋滞は予期せず発生することもあるため、余裕を持って行動することが大切です。

2つ目は空港の間違いです。

出発時間を守っても空港を間違ってしまえば飛行機に乗ることは出来ません。

些細なミスですが取り返しのつかないことにもなりかねないので注意が必要です。

3つ目は出発時間の変更です。

格安航空によくあるのですが、ダイヤ改正によって急に予定時間が早くなることがあります。

必ず事前にホームページで最新の情報を得るようにしましょう。

機内持ち込み手荷物制限と受託手荷物について

機内持ち込み手荷物制限って何?

ピーチ航空は、LCCの中でも大人気の航空会社です。

LCCとは、Low Cost Carrierの略で、簡素化されたサービスと効率化した運行などの企業努力によって、低価格航空券を発売している航空会社のことです。

徹底した削減を行っているため、従来の航空会社よりも制限されているサービスがあります。

ピーチ航空では、機内持ち込み手荷物制限があります。

機内へ持ち込みができる手荷物の個数は2個まで、重さは2個を合わせて10キロまでに制限されています。

この2個という範囲は、バッグやカメラや傘なども1個と数えられますので、バッグとカメラで2個と計算されます。

また、免税品などで買ったお土産品も1個と計算されます。

個数が超えた場合は有料になりますので、オトクに旅行するためには、搭乗前に個数と重さを確認することは必須になります。

受託手荷物って無料じゃないの?

受託手荷物とは、機内に持ち込まず搭乗手続きの際にカウンターに預ける荷物のことです。

低価格の航空券では、この受託手荷物の料金がふくまれていない航空券があります。

ピーチ航空の場合は、ハッピーピーチ料金では、受託手荷物を無料でカウンターに預けることができません。

この場合、受託手荷物を預けるには有料となります。

当日に、カウンターで申し込むより、事前に申し込んだほうがオトクになりますので、受託手荷物がある場合は、事前にインターネットなどで申し込みましょう。

また、20キロを超えると重量超過手荷物料金が、さらに必要となります。

LCCを利用する場合は、従来の航空会社とは異なる部分が多いため、機内持ち込み手荷物制限と受託手荷物について理解することが大切です。