機内持ち込み手荷物制限と受託手荷物について

機内持ち込み手荷物制限って何?

ピーチ航空は、LCCの中でも大人気の航空会社です。

LCCとは、Low Cost Carrierの略で、簡素化されたサービスと効率化した運行などの企業努力によって、低価格航空券を発売している航空会社のことです。

徹底した削減を行っているため、従来の航空会社よりも制限されているサービスがあります。

ピーチ航空では、機内持ち込み手荷物制限があります。

機内へ持ち込みができる手荷物の個数は2個まで、重さは2個を合わせて10キロまでに制限されています。

この2個という範囲は、バッグやカメラや傘なども1個と数えられますので、バッグとカメラで2個と計算されます。

また、免税品などで買ったお土産品も1個と計算されます。

個数が超えた場合は有料になりますので、オトクに旅行するためには、搭乗前に個数と重さを確認することは必須になります。

受託手荷物って無料じゃないの?

受託手荷物とは、機内に持ち込まず搭乗手続きの際にカウンターに預ける荷物のことです。

低価格の航空券では、この受託手荷物の料金がふくまれていない航空券があります。

ピーチ航空の場合は、ハッピーピーチ料金では、受託手荷物を無料でカウンターに預けることができません。

この場合、受託手荷物を預けるには有料となります。

当日に、カウンターで申し込むより、事前に申し込んだほうがオトクになりますので、受託手荷物がある場合は、事前にインターネットなどで申し込みましょう。

また、20キロを超えると重量超過手荷物料金が、さらに必要となります。

LCCを利用する場合は、従来の航空会社とは異なる部分が多いため、機内持ち込み手荷物制限と受託手荷物について理解することが大切です。