飛行機に乗り遅れないために注意したいこと

出発時間を確認することが最も大切

旅行においてよくあるのが交通機関の乗り損ねです。

特に飛行機の乗り損ねに関しては、大幅な日程変更や慣れない環境でしばらく過さなければならないことなどがあり非常に厄介です。

それでは飛行機に乗り損ねないようにするためには一体どうすればよいのでしょうか。

非常に基本的なことですが、対策としては飛行機の出発時間を確認することが極めて重要です。

出発時間から逆算して行動の計画を立てるようにしましょう。

またチケットの確認だけでなく、航空会社のホームページの確認やコールセンターの利用など、ちょっとした工夫をするだけで乗り損ねを避けることが出来ます。

出発時間を守っていたとしても急にスケジュールが変更になることもあるので注意しましょう。

乗り損ねてしまう原因

基本的にはチケットに記載されている時間を守れば乗り損ねることはありませんが、時間を守って行動していても乗り損ねが発生することがあります。

その原因として大きく3つ挙げることが出来ます。

1つ目は交通渋滞です。

出発時間から逆算して行動する際は交通渋滞の時間を忘れてはなりません。

交通渋滞は予期せず発生することもあるため、余裕を持って行動することが大切です。

2つ目は空港の間違いです。

出発時間を守っても空港を間違ってしまえば飛行機に乗ることは出来ません。

些細なミスですが取り返しのつかないことにもなりかねないので注意が必要です。

3つ目は出発時間の変更です。

格安航空によくあるのですが、ダイヤ改正によって急に予定時間が早くなることがあります。

必ず事前にホームページで最新の情報を得るようにしましょう。